お問い合わせはこちら

風呂釜の仕組みについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂釜は、お風呂のお湯を沸かす装置のことですが、その風呂釜の仕組みについてお話させていただきたいと思います。

風呂釜とバスタブ(浴槽)は配管で繋がっていてお湯を吐き出したり、お湯を吸い込んだりします。こうしてお湯を循環させることによって冷めたお湯を温めなおすことができます。

循環させる風呂釜のタイプには2種類あります。

二つ穴タイプ


二つ穴タイプの風呂釜は自然循環タイプと呼ぶこともあります。こちらのタイプは比較的古いお風呂でよく見られるものになります。

温めたお湯は上に上がり、冷たい水は下に落ちるという水の性質を利用した、対流を浴槽の中で起こしてお湯を沸かすシステムです。

単純に、下の穴に冷たい水が吸い込まれていき、上の穴から暖かいお湯が吐き出されるようになっています。

二つ穴の風呂釜はお湯が循環するスピードが遅いため、配管に汚れが溜まりやすい特徴があります。

1つ穴タイプ


新しいお風呂ではこの1つ穴の強制循環タイプが主流となっています。

浴槽には一つの穴しかありませんが、中で二つの配管に分かれています。ポンプを使って循環させるのでお湯の循環スピードは一つ穴と比べて早くなります。循環スピードが早いということは湯垢が溜まりにくいので衛生的と言えます。

また、一つ穴タイプの風呂釜はお湯の温度ムラが少ないのも特徴です。

タイプは違っても汚れがついていきます

二つのタイプの風呂釜は配管のケアが必要です。一つ穴の方は2つ穴の方と比べて汚れがつきにくいですが、それでも汚れないわけではありません。

風呂釜の汚れについて


風呂釜の配管内に汚れが溜まるとどんなことが起こると思いますか?

もしお風呂に入っていた下のようなことがあれば風呂釜の洗浄をオススメします。

  • 湯垢が水面に浮かんでくる
  • ワカメのようなヘドロっぽい汚れが出てくる
  • お湯が濁っている
  • 黒っぽい汚れが配管から出てくる
  • お湯が少し匂う
  • 風呂釜内に小バエが発生している

配管から浴槽に出てくる汚れは主に、人間の皮脂や水垢、入浴剤などが混ざったものです。

お風呂の中で繁殖しやすいレジオネラ菌はこの皮脂や入浴剤の成分、湯垢を餌にして繁殖していきます。

このレジオネラ菌は、吸い込むと感染症の原因になります。36度くらいのお湯がもっとも繁殖しやすくなるので、汚れたお湯を追い炊きで再利用するのはできるだけ避けましょう。

このレジオネラ菌が原因の感染症で死亡した例もあるので、お子様や高齢者の方、妊婦の方は特に気をつけましょう。

風呂釜の汚れは様々な病気の原因に

アトピー性皮膚炎、その他アレルギーの原因になるほど風呂釜の最近は人の体に影響を

滋賀の風呂釜洗浄業者

滋賀県で風呂釜の洗浄は「水車小舎(くるまや)」がもっとも自信のあるサービスです。

風呂釜の清掃は自分でできる掃除では限界があります。

半年に一度は風呂釜清掃を行うことをオススメします。

市販の洗剤で掃除したけど汚れがまだ出てくる…、という方や

自分で掃除して見たけど本当に汚れが取れているか不安…という方は是非一度お問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加