お問い合わせはこちら

炭で空気のお掃除!ハウスクリーニングのおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

炭で”空気のお掃除”を!


さて、水や空気をきれいにしたり、いやなにおいを防いだりする効果としてもすっかり定着した炭の活用術についてお話しましよう。

まず炭の購入方法ですが、最近では雑貨屋さんやスーパーにも、きれいな袋に入った備長炭が売られています。けれど、燃料店や炭の専門店に行けば、もっと安くて立派なものがいくつも買えます。

私自身、炭の愛用歴が長く、効果のほどについても熟知しています。炭の魅力は何と言っても手軽に使えるということ。要は、においが気になる所に置くだけで効果があるのです。

まず、ガラスの容器に何本か入れて、クローゼットに置きます。部屋の隅には、花びんに生けておくと華やかに見えます。観葉植物たちの間には、鉢に入れて置きましょう。

黒い炭をただ置いてあるだけでは、いかにも「炭を置いてあります。におい消しです」といった感じに見えてしまいます。

そうではなく、インテリアのひとつとして少し工夫をこらして置いておくほうが、あなたのセンスがキラリと光ります。

但し、炭を扱う際に気をつけたいのが、きちんとメンテナンスをしてあげるということです。炭の威力を過信してそのまま放っておくと、炭にもほこりがついてしまい、空気を清浄にする効果が弱まってしまいます。

半年に一回くらいはきれいにしてあげましょう。

きれいにする方法はとっても簡単です。鍋に炭と水を入れてグツグツするまで煮ます。

そうして、新聞紙の上にころがせて乾くまで置いておけば完了です。ベランダに置いて日光にあてれば、いっそう乾きが早くなります。

炭は上手に使えば、半永久的にその効果を得ることができます。但し、浄水のために炭を利用するならば、半年くらいで新しいものに代えることをオススメします。

炭は、水の中では寿命も短いので、より注意して上手に使いましょう。

炭は悪い気を浄化してくれる

炭でハウスクリーニング
炭は風水的にも浄化を意味するといわれていますから、ぜひ活用していただきたいと思います。
外出から帰ってくると、部屋に置いてあるものや部屋本来の生活臭が溜まっていて、ドアを開けた瞬間にいろいろブレンドされたにおいを感じることはありませんか?

朝食に目玉焼きを焼いた、油のにおい。たばこのにおい。出かけに振りかけた、オード・トワレのにおい。部屋の中に干した洗濯物のにおい。

部屋の中にいるとなかなか気づかないけれど、外から帰ると自分の生活のにおいがわかるものです。

消臭剤で一蹴という手もあります。けれども、その消臭剤には化学薬剤含まれていますし、こんどは消臭剤のにおいが部屋中にしてあまり心地よいもません。

そういう時に、この炭のよさがわかります。留守の間ににおいを吸収してくれるばかりか、観葉植物にもきれいな空気を送ってくれます(もちろん、帰宅したら窓を開けて空気の入れ替えを心がけてください)。

ちょっとした心づかいで生活はグッと快適になるものです。まずは、見えないけれど、もっともきれいにしておきたい”空気”のお掃除から始めてみましょう。あなたの内側からも、きれいな変化が起こります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加