お問い合わせはこちら

”汚したら、その場ですぐこする、拭く”がトイレの掟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


さて、私のトイレ掃除の方法ですが、ここでも一切、洗剤を使いません。トイレというと黄ばみやこびりついた汚れ、いやなにおい…というイメージがありますが、マメに掃除していればこんな事態も防げます。

毎日、朝か夜に一回、使い終わったあとにトイレブラシで便器をゴシゴシ。水でぬらしたトイレットペーパーで床を拭き、そのあとは流すだけです。家族のいる方は、皆に 「汚したら、その場ですぐこする、拭く」という意識を徹底させましょう。
たったそれだけのことで、トイレに黒ずみや水アカ、こびりついた汚れ、しつこい汚れ、いやなにおいがつくのを防ぐことができるのです。

誤解をされがちですが、汚れたトイレに消臭剤や芳香剤を使うのは効果的ではありません。何日もお風呂に入らない汚れたからだに香水をつけたらどうなるでしょうか。
そもそも、芳香剤を使わなくても、トイレがきれいならにおいも住みつかないのです。

もし現在、あなたの家のトイレが放っておかれていて、しつこい汚れがこびりついているならば、粗塩をふって、プチプチ・タオルでゴシゴシと汚れを取り去りましょう。一度、自分でスッキリと拭き取ってみれば、きれいに使おうという意識が生まれます。

たった一回だけ、勇気をふりしぼって拭き取りましょう。洗剤を頼らずに掃除をしてみると、本当のスッキリ感が生まれてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加