お問い合わせはこちら

月曜の朝には「玄関-かお-」を洗顔しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


家の中で、とくにここはきれいにしておきたいという場所が誰にでもあると思います。私の場合、それは、1.トイレ 2.キッチン 3.玄関です。

とくに玄関は、「家の顔」となる重要な場所です。訪問する人の”わが家”に対する第一印象が決まり、そこで家のすべてが評価されてしまう…と言っても過言ではありません。そして、風水的にも玄関をきれいにしておくことは幸運を引き寄せるポイントということは前にも述べたとおり。

玄関は「家の顔」ですから、お掃除をする時間帯も自ずと決まってきます。「顔」なのですから、朝に掃除をするのが一番似合っています。起きたら顔を洗う、それと同じことです。
私は、週のスタートとなる月曜の朝を、玄関の掃除日に決めています。
「行ってきます」と元気な声で出かけられるような気持ちのいい玄関であってこそ、よい週が送れると考えるからです。

玄関帰除のポイントは、いわゆる「たたき」と言われている所を拭くことです。
ほこりやちりが溜まりやすいので、ぬれた新聞紙をちぎってまき、ほうきで掃くといいとよくいわれますが、要は水拭きすればいいのです。


私はキッチンペーパーをぬらして、雑巾のように拭きます。
ペーパーを二枚重ね、軽くぬらして四つ折りにして使用します。床を一度拭いたら、ペーパーを裏に返してもう一度拭きます。時間にして、一分も拭けば充分。
二枚重ねにするのは、しっかりと汚れを拭き取るためです。四つ折りにするのは、手のひらにすっぽり収まって拭きやすいからです。さらに二度拭きは、一分とは思えないほど「掃除をした」という満足感をもたらしてくれます。この実感は、新しい週が始まる月曜の朝だからこそでしょう。

玄関掃除を一週間の好スタートを切るための儀式と受け止めてもらってもかまいません。そんなおまじない感覚で掃除をしているうちに、徐々に気持ちが高まり、拭き終わったあとは元気になれますから、ぜひ試してもらいたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加