お問い合わせはこちら

幸運の神様はスッキリした部屋にやってくる! その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、部屋の中のものをかたづけてみると、今まで気づかなかったほこりやゴミが目に入ってきませんか?かたづけを終えたあなたの中には、すでに”スッキリ感覚”が生まれたはず。掃除を通してさらに身の回りをスッキリさせ、部屋の中に幸せの”気”を呼び込みましょう。

この章では、簡単で手軽にできる部屋の掃除方法についてご紹介します。

リビング、キッチン、トイレや浴室、そして私がいつも使っているとっても便利な掃除小道具まで。ぜひ、参考にしていただいて、スッキリ快適生活を味わってほしいと思います。

さぁ、それでは、スッキリお掃除を始めましょう。

スッキリお掃除の”三つの小道具”

さて、ここで私のお掃除のパートナーとも言える三つの小道具をご紹介しましょう。この三つがあれば、あなたに”お掃除革命”がきっと起こります!

1.何でもピカピ力万能メガネ抗き


メガネ拭きは、見かけの”普通”な印象とは違って、実はかなりの優れものであるのをご存じですか?どんなにレンズがくもっていても、サーッとひと拭きすれば、たちどころに視界が開けるこのメガネ拭きは、メガネ屋さん以外にも、スーパーやコンビニ、雑貨屋さんや本屋さんでも売られています。中には、汚れを落とす威力に注目が集まって「洗顔用メガネ拭き」なんて商品名がついているものまで見られるようになりました。

使い方としては、顔のTゾーンの皮脂とUゾーンの汚れを、メガネ試きでやさしく試き取るというのです(泡立てた洗顔料も使いますから、メガネ拭きはアワアワ状態) ひじ、ひざ、かかとにも使え、角質をやさしく取り除いてもくれます。

もともと、メガネ試きのルーツは着物の裏地だったそうです。裏地で試しにメガネを拭いてみるとたちまちきれいになったことから、メガネ拭きとして普及するようになったとか。最初に拭いて磨くことを試した人は、なんてエライのでしよう。

そして、洗顔用クロスへと仕事の幅が広がったことで、メガネ拭きは多彩な色や柄がそろい、一気にメジャー商品となりました。

しかし、メガネ拭きを愛用するひとりとして、もっと活躍の場を広げてもらいたいと考えています。そこで私が考えた新しいメガネ拭きの使い方についてご紹介したいと思います。

●グラスをはじめとする、ガラス製品磨き
●携帯電話のディスプレイ磨き
●パソコン画面のほこり取り
●鏡磨き

ぜひこの四つの使い方をお試しください。驚くほど汚れを取り去り、ピカピカの状態にしてくれます。

使いこむうちに汚れの付着が目につくようになってきたら、水洗いしてください。夜干せば、朝には乾きます。

メガネ拭きはメガネを拭くものと、役割を限定する必要はありません。どんなものでもしっかりとした品質のものなら、活躍の場は他にもあるはずです。新たな掃除の小道具として、あなたの道具箱に加えてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加