お問い合わせはこちら

ワザあり!”フローリングのほこり”はこれで撃退!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フローリングのお部屋はとてもおしゃれなイメージがあって人気ですが、気をつけていないと、ほこりが溜まりやすいものです。

もちろん、ひとくちにフローリングと言っても、床の色が薄い色から濃い色になるにしたがって、掃除の気になる部分が違ってきます。

目に見えないホコリも、、、

私の家は、白木のフローリングなので、ほこりは日立ちません。

けれど、この白木と相反する黒い髪の毛は、際立って見えます。

私はいつも、髪の毛が落ちているところを発見すると、取替えシートで掃除するモップに助けてもらっています。

髪の毛というのはやっかいなもので、手でつまんでいくのは時間がかかります。

でも、このモップを使えば、髪の毛もササッと取れてしまいます。

狭い範囲なら、テイッシュを水でしめらせて床に押し付けても、髪の毛が付着して簡単に掃除ができます。

髪の毛を狙って掃除をしていると、そこで気づくことがあります。

それまで見えていなかったほこりが、姿を現わすのです。

お掃除シートやぬれたティッシュの黒く汚れた部分を見れば「知らない間にこんなにほこりが溜まっていたのか」と、一目瞭然です。

その驚きを感じたら、次回にもうちょっとだけ気合いを入れて掃除をしてみましょう。

とりあえず、ほこりの存在に「気づく」ことからスタートすることが大切なのです。

髪の毛も意外と落ちている。


一方、濃い色のフローリング、ダークブラウンの床では髪の毛は目立ちませんが、 自い色のほこりは目立ちやすいものです。

そう、ここでは白色のゴミがターゲットです。

不思議なことに、拭けば拭くほどペーパーモップは、真っ黒に変化していきます。

そして落ちていた髪の毛の量に、驚かれることでしょう。

もし、フローリングの床をもう少しきれいにしたいと意欲がわけば、水拭きをオススメします。

かたく絞った雑巾で拭いてみましょう。

ほこりや髪の毛ばかりではなく、しみこんでいた汚れも、雑巾にしっかり残ります。

直接手を使ってきれいにする動きは、ふだん使わない筋肉も喜んでくれるでしょう。

掃除でからだを動かすことは、シェイプアップにもつながって、健康にもたいへんよいことです。

そして、水拭きのあとは、から拭きをしましょう。

そこでぜひ使いたいのが前にも登場したペーパーモップ。

これを使えば、取り残した髪の毛も付着して、「掃除をした」という達成感を得られるでしょう。

フローリングの掃除で”気づき”を得たら、他のものにもどんどん伝染させてスッキリ感を味わいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加