お問い合わせはこちら

キッチンの殺菌・除菌は お湯の力、で解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


テレビのCMで「シンク周りやまな板は雑菌だらけ。

だから洗剤でしっかり除菌!」というのをよく見かけます。

確かに、生ものを扱う場所は雑菌が付着しやすくなっています。

常に清潔にしておいて、雑菌をよせつけないようにしておきたい。

ですが、除菌のできる洗剤のほとんどは合成界面活性剤が含まれています。

それに塩素系漂白剤は特有のツーンとした、あのにおいが苦手。

嫌いなにおいは、もちろん食べ物には移したくないし、食器類にも残したくありません。

では、どうすればそうしたものを使わずに除菌ができるのでしょうか。

それには、熱湯が一番有効です。洗い終わった後に、食器や調理器具などは、お湯をわかして注ぐだけで充分。とくに、次のものに適しています。

●食器洗いのスポンジやタワシ
●まな板
●お弁当箱や密閉容器
●ジューサー、ミキサー、フードプロセッサー
●泡だて器
●しゃもじ

容器などは、熱湯をかけた後は水きれがよいので手早くかたづけられます。

熱湯を冷ましたお湯ならば、洗い終わったガラス類にかけると、水きれがいいばかりでなく、表面に輝きが増します。

ワイングラスやコップ、調味料入れなどのくもりを消したい時にも大助かりです。


また寝る前に、ゴミ受けバスケットに注ぐと、ぬめらなくなります。

他にも、布巾などの煮沸消毒をオススメします。

これは、汚れが目立ってきて気づいた時にしていただけば結構です。

鍋に湯をわかし、その中に布巾を入れて菜箸などでゆっくりかき回しながら、二~三分煮ます。

冷めたら、軽く水洗いして干せばOK。キッチンでもいいですが、できれば太陽のもとで干せば、より効果的です。

電子レンジのお手入れにも、お湯が役立ちます。

耐熱容器、たとえば取っ手つきの計量カップなどにお湯を入れ、容器の中でお湯がボコボコ揺れるくらい電子レンジで一分ほど加熱します。

そうすると、レンジ内は湯気で湿り、ドアのガラス窓もくもります。

あとは、キッチンペーパーで拭き取れば、掃除完了。ピカピカきれいになるばかりではなく、においもなくなります。

このように殺菌、消毒、除菌は、洗剤を使わなくても、お湯の力で簡単、確実にできてしまうのです。

においの強い洗剤を使わずに自然のものを利用するから、いやなにおいが移らないのもいいところです。

また、大きめのボウルに計量カップなどの除菌したい器具や食器を入れて、熱湯を注ぐと、らくらく除菌をすることができます。

お湯をわかすだけなら、らくちんですよね。

電子レンジも活用して、快適なスッキリ生活を手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加