お問い合わせはこちら

「洗剤にがり」の隠れた大効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


キッチン周りの消毒には、熱湯が効果を発揮することはおわかりいただけたかと思います。次は、熱湯をかけられない所の除菌・殺菌法をご紹介しましょう。

たとえば冷蔵庫。さすがに、食材を保冷している庫内に熱湯…というわけにもきません。洗剤や薬剤も使いたくありません。
また、いくら除菌・殺菌といっても、消毒用エタノールでシュッ、シュッとするのは気が引けてしまいます。

では、洗剤も熱湯も使わずにどのように掃除と除菌をすればいいのでしょうか。

私が自信を持ってオススメするのが”にがり”です。

今、健康やダイエットにも効果抜群と言われているにがり。にがりとは、海水から食塩を結晶させた時、後に残る苦い液体のこと。実はこの海のパワーがつまったにがり、掃除にもたいへん効果があるのです。

にがりの存在を知る前の私は、気が向いたときにプチプチ・バスタオルで庫内の汚れているところを単に水拭きしていました。この手順は、にがりを用いた水拭きでも同じです。ただ、違うのはにがりを使えば、除菌というおまけがついてくるということです。

使い方としては、ボウルに水を入れてにがりを数滴たらします。その水の中に雑巾の要領で、プチプチ・バスタオルを浸して、絞って、拭けばよいのです。これで簡単に、除菌・殺菌ができますから、にがり効果は絶大といえます。

またにがりは野菜のアクを簡単に取ってくれますから、お料理にもどんどん活用してください。
なす、ゴーヤ、ごほう、大根、れんこん、里いも、たけのこ、うど…すべて水にさらして数滴たらすだけ。これだけで食材のアクを取り去ることができるのです。
その他、玄米や五穀米のご飯も、にがりを数滴たらすだけで普通の炊飯器でもおいしく炊けますし、スープやみそ汁に入れれば素材が型くずれすることなく、やわらかくなるまでの時間が早くなります。生のお魚やお肉には調理する前ににがり水を振りかけておくと、雑菌が取れるうえ、おいしさもひとしおになります。

調理においてもこんなに大活躍するにがり。キッチンには、熱湯とにがりがあれば、もう怖いものなしです。
キッチンをきれいにするものが食材なら、安心して使うことができます。ぜひ、にがりという天然の洗剤で、一番身近なキッチンをきれいにしてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加