お問い合わせはこちら

「かたづけ上手な人は、モノを厳選する」の法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「かたづけ上手な人は、モノを”厳選”している」

この法則に私が気づいたのは、本当にささいなことがきっかけでした。

私はメモはもちろん、仕事上、ボールペンを使う機会が頻繁にあり、あっという間に一本を使いきってしまいます。だから、自分に合った最高のものを使いたいと常日頃思ってきました。

指になじみやすいもの、手が疲れないもの、肩も凝らないもの、力を入れなくてもスラスラ書けるもの、発色がいいもの、きれいな字が書けそうなペン先などなど…条件はたくさんありますが、ちょっと気にいったものを三本ほどいつもペンケースに入れて持ち歩いていました。よく考えれば、一度にボールペンを三本使って書くことはないはずだから、余分な荷物をいつも持ち運んでいたことになります。

環境から変えていく


そうして、偶然見つかった「これだ!」という一本。この運命の出会いに合わせて、一本しか入らないペンケースも購入しました。今まで使っていたのが一本百五十円から、高くても八百円くらいのもの。それに比べて、オンリーワンはかなり高価な代物です。

けれど、値段だけの価値はたっぷりあります。バッグに入れても、ペンケースは一本入りだから、スペースをとらず、すれあったり傷つくことも最小限に防げます。
生活をしていれば、ついついいろいろなものが溜まっていきますが、本当にいいものをひとつ見つけると、自然と無駄な買い物をすることが減っていくのです。

たとえば、安いからといってたくさん買い込めば、収納スペースに収まりきらず、いつもかたづかない…ということがおきます。よく考えたら「安い」という言葉に踊らされて必要のないものを買っていたということもあるでしょう。ものを厳選して持つことは、かたづけ上手になる第一歩なのです。使いこなせば、衝動買いも大賛成。けれど、使いこなせずにいたり、使わないものはゴミの部類に入ります。自分に本当に必要なものを選んでいけば、買い物の量も減り、ゴミも減ります。あなたの生活が、スッキリ生活へと自然にステップアップしていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加