お問い合わせはこちら

サボテンには電磁波を吸収する力がある!ハウスクリーニングのおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サボテンが電磁波をスッキリ吸収!

部屋の中にあるか、ないかで部屋全体の印象が全く変わってしまうものがあります。何だかわかりますか?それは、ズバリ観葉植物です。

部屋の中にグリーンや花があると、自然に気持ちが和みます。

私の場合、リビングのテレビの上、自分の部屋のテレビの下、キッチンにある電子レンジの横、ノートパソコンをおいているデスクの上に、鉢植えの小さなサボテンをひとつずつ乗せてあります。
サボテンが置いてある場所の共通点は、何だと思いますか?

そう、それは電磁波です。サボテンには、電磁波を吸収してくれる効果があるのです。お部屋に小さな鉢植えを置きたいなと思ったら、そんな役立つ植物がオススメです。他にも空気清浄機より、空気をスッキリさせてくれる観葉植物が続々と開発されています。
もちろん、このような特殊な植物ではなくても、グリーンは目も休まるし、疲労感を減少させる働きがあります。切り花を花びんに生けるのも部屋が明るくなりますが、観葉植物から発散する揮発成分は、鎮静効果があるのです。


さて、このような観葉植物も含めて、植物の掃除方法についてお話ししましょう。
わが家では、現在ベランダに白い棚を置いて、鉢植えを育てています。家の中でも、ユッカ、ポニーテールなど大きな鉢植えの木々たちを育てています。水やりはもちろんですが、意外に忘れがちなのはお掃除です。「水をかけているから、大丈夫」と思うのは大きな勘違いです。

空気を清浄にしてくれる植物たちの葉には、見えないけれどほこりがぎっしりつもっているのです。とりわけ、ベランダに置いて育てている植物の葉は、ぬれた手でさわるだけでもその汚れがわかります。
植物のお掃除は、生き物だけにソフトにしたいもの。水やり容器、じょうろなどに水を入れて、掃除したい鉢植えのそばに置きます。コットンを水でぬらし、葉の汚れを一枚ずつやさしく拭き取っていきます。不思議なことに、葉がきれいになったのを喜んでいるように見えます。
ベランダガーデニングの葉たちは、月に一度くらい、部屋に置いてある観葉植物は、二、三カ月に一度くらいは、お掃除してあげましょう。

観葉植物がグングン育つ部屋は”いい気”が流れている証拠だそうです。また、枯れた葉をそのままにしておくのは、風水的にはよくない行為ですので、枯れた葉を定期的に間引く習慣をつけましょう。
このように植物を掃除すると、いっそう空気をきれいにしてくれるようになるばかりか、いつまでも長もちします。そして、葉を一枚ずつぬらして掃除していく行為は自分の心もやさしい気持ちにしてくれます。

一生懸命育てている植物たちを、間近に見ると気持ちもきれいになっていくはず。まず一枚お掃除してみて、驚くほどの気持ちよさを体感してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加